ドロドロ血液を改善する

栄養補助食品

青魚が持つ健康パワー

EPAといえば、サプリメントや健康食品などの配合成分としておなじみです。正式名称はエイコサペンタエン酸といいます。EPAは同じアルファベット3文字で呼ばれる成分であるDHAと並べて語られることがよくあります。この2つはいずれも青魚に多く含まれる成分であり、肥満の原因になりにくい不飽和脂肪酸という脂質のグループに属するという共通点があります。EPAとDHAをセットで配合したサプリメントなどもしばしば見かけます。細かく見ていけば両者の効能には異なる点もあるので注意が必要ですが、いずれにせよ健康の維持・増進に役立つものであることは間違いありませんし、同時に摂取することで相乗効果も期待することができます。

サプリでも補給可能

EPAの持つ効果として最もよく知られているのが、いわゆる血液をサラサラにする効果です。DHAには血液中の悪玉コレステロールを減少させる働きがありますが、EPAには中性脂肪を減らす働きがあることが知られています。そのため動脈硬化をはじめとする生活習慣病の予防に役立つとされています。実際、高脂血症の治療薬として国の承認を受けた医薬品の中には、EPAを配合したものがあります。また、現在各方面で研究が進められているものに、EPAの持つ抗炎症作用があります。これにより、今後は感染症の予防などについても効果が実証されるのではないかと期待されています。青魚が苦手な人にとって、サプリメントはEPAを効率的に補給するのに適した製品です。先述したようにDHAが一緒に配合されたサプリメントなら、さらなる効果が期待できます。